中浦日記

自由、気ままに。165/50/20G

昨日のブログを書いてからそんなに経っていないのに

こんばんは。ブログを開いてくださりありがとうございます。

昨日の記事がかなり遅い更新だったので、間が空かずに今日の記事を書いています。

 

f:id:TOKI315:20200729001136j:image

2020.7.26 13M E653系新ニイU-106編成

特急「いなほ」13号 @新潟

 

新潟駅で見られるようになった対面乗り換え。「とき」のE2系から、「いなほ」のE653系へ。

どちらも本務から退き、第2の人生へ活路を進めた形式と考えると似ていますね。

かつては「はやて」と「フレッシュひたち」。上野駅でしか実現しなかった組み合わせです。ある意味異色のタッグを遠く離れた新潟の地で組むことになったわけですが、10年前私はそんなこと考えてもみなかったです。

 

10年前のことを思い返してみると、なんかすごく時が経っちゃったなあって。

 

f:id:TOKI315:20200729001704j:image

2020.7.26 13M E653系新ニイU-106編成

特急「いなほ」13号 @新潟

f:id:TOKI315:20200729002945j:image

2020.7.27 3362M E653系新ニイH-203編成

快速「らくらくトレイン信越」 @新潟

 

10年前は常磐線の特急として活躍していたのが、今となっては日本海縦貫線の主要都市を結ぶ重要な特急へ駒を進めたこの形式。新潟所属の7両編成のうち2編成は新潟&庄内DCで単色化など、第2の人生を歩み始めてから少し経過している特急形式にしては割と話題が多い気がします。

しかし初期に投入された編成に関していえば、製造から既に23年が経過。

後発のE257系ですら機器更新やリニューアルがなされていますが、E653系に関していえば機器更新はされておらず、新潟地区への転出に向けた小改造(クハのクロ化含め)程度に留まっています。

国鉄特急色になり勝田へと復帰したK70編成(U-108編成)とともに、今後の行方が気になるところです。

JR形としては50/60khzに対応している唯一の形式だったりするので、その良さがちゃんと光る場面があればいいですね。

 

きらきら

#134